かおすのくにからこんにちは ~楽しい(棒読み)社会人ver.~

世間から逸脱した社会人がぐだぐだと綴る雑記帳でございますわよ

「封緘のグラセスタ」応援中!

京急踏切事故についての私的意見的な何か

例の京急の踏切事故、世間的にはトラック運転手を叩いて京急擁護礼賛の流れが多いけれど果たしてそれもどうなんだろうかと

トラック側が全面的に悪いのは明らかなものの、踏切の障検は正常に作動し非常ボタンも押されているのに実際は止まれなかったというのは、鉄道側に落ち度は無かったのかと思う

 

私鉄含め在来線は障害の発見から600m以内に停止できることが嘗て定められており、そのため非常ブレーキ(EB)の4.5km/h/sという減速度の兼ね合いで最高速度が130km/hに制限されている経緯がある(現在はこの規定は撤廃されているが、今でも各社規定に沿った整備運行をとっている会社が殆どである。また、高架など人の立入が想定されない路線(京成や以前のほくほく線)において160km/hの高速運転を実施している特例もある)

 

まず第一に問題になるのが、障検と連動する発光信号の配置が妥当だったかという点だろう

発光信号は今回の現場では踏切手前に3つ設置されており、最も離れたもので踏切から340mの位置にある

京急側の説明ではこの信号は260m遠方からも確認できるため踏切から600m離れた位置からも鉄道の運転士は障検の作動を知ることができたという

だが現場を見ると、踏切から340mの発光信号より離れる方向にはカーブがあり、本当に260m遠方から見通せたのかという疑問が残り、見通せていなかった場合、発光信号の配置に問題があったと京急側が責められることになるだろう

 

そして次に問題となるのが、運転士は踏切での異常を知ったあと本当にEBをかけたのかという点だ

鉄道は立ち客がいる他シートベルトの設置がない等の理由により、EBの減速度は乗客の安全を考慮し4.5km/h/sと定められている

つまり、EBをかけることにより乗客が吹き飛ぶなどといった指摘は全くもってナンセンスであり、運転士は事故回避のためなら即座にEBを使うべきなのだ

また、上述の通り、EBの4.5km/h/sの減速度であれば600m離れた位置でEBをかけていれば130km/hの列車も停止することができるはずであり、当然120km/h運行の京急も停止できるはずである

だが実際には止まれておらず、このことから止まれなかった①運転士は踏切の600m手前の位置で障検作動を把握していないか、②把握したがEBを使用していないか、③そもそも車両に不具合がありEBの減速度が十分ではなかったの3つの可能性もしくはこれらの複合ということに自ずと絞られる

①の場合は第一の問題で述べた発光信号の配置に問題がなかったか、もしくは運転士が見落としたのではないかという点が注目される問題だろう

②の場合は事態はより深刻であり、障検の作動を知り、この先の踏切で異常があることを把握しながらEBを使用しない判断をしているわけで、会社の教育やコンプライアンス遵守がされていたかを追求されるだろう

③の場合も大きな問題であるが、事故車両は先頭部が破損した以外は概ね原形を留めていることから、検証は然程困難ではないと思われる

 

私的には、何故京急は障検の信号を受けて自動的にEBを作動させる制御をとっていないのかという点が気になる

踏切の障検作動を受けて近隣列車に自動的にEBがかかるシステムは、JRや一部大手私鉄では既に導入が進んでいる(そのせいで踏切直前横断が多い路線では頻繁にEBが作動するという現象も起きているが…)

京急がそういった安全策を導入しなかったのは何故かという理由も、今回の事故原因と併せて解明をお願いしたいところである

元々京急は運行管理も機械化せず人が行う会社であり、過密ダイヤを人の手で捌くという離れ業をやってのけているが、仮に機械化を嫌う風潮があったり過密ダイヤの維持に自動EBが邪魔だからなどという理由で導入していないのであれば、嘗て安全を軽視し事故を起こしたJR西日本とも重なる忌々しき問題である

いずれにしろ、今後運行記録の検証が行われるはずであり、事故の詳細が公開され、類似事故の防止に繋がることを期待したい

三角攻略

更新さぼり癖を直すため、適当な内容でも更新する習慣をつけたく候

 

ここ最近エロゲから遠ざかっていたものの、7月新作は珍しく3本手を付けていたり

ココノネと流星と抜きたし2

それぞれ少し進めては他のに切り替えてという三角食べの応用で意外とだれないで攻略が進むという

 

ついでにサイドバー簡略にしました

酔った勢い更新

久々に車で遠出したけれど、車に乗ってただ運転しているだけなのに熱中症になりかねない暑さで困る

高速を速めに巡行しているだけで水温は90度前後まで上がるし近年の暑さには困ったものです

 

音楽聴きながら酒を飲んでいると、しもつきんの浄化能力の高さを痛感する

世俗の穢れに染められ心の底に溜まった澱が洗い流されていく尊さ

 

いつもの

ネタがあるけど更新する気力がない恒例のやつ

 とりあえず7月無更新だけは回避

 

北海道へ行った帰り

珍しく飛行機に乗ったので適当に撮ってみる

f:id:lastil_PICOelfy235:20190801000339j:plain

f:id:lastil_PICOelfy235:20190801000056j:plain

 

 

出張の時に偶然見かけたN700Sの試運転@7月16日

東京15時53分の筋で発車していった

f:id:lastil_PICOelfy235:20190731235818j:plain

f:id:lastil_PICOelfy235:20190731235842j:plain

 

EF65 2139@6月17日 大宮駅

f:id:lastil_PICOelfy235:20190801000824j:plain

指写り込みとか下手すぎ笑えない

f:id:lastil_PICOelfy235:20190801000610j:plain

 

うちのBE5レガシィ、1ゾロ達成しました@6月1日

f:id:lastil_PICOelfy235:20190801001017j:plain

なおこのあとメーター基板がお釈迦になった模様

 

 

 

 

 

困った時のArcaea近況

更新放置し放題

毎度の如く書けるネタはいくつかあるのに書く気力が起きないアレ

というわけでSS貼ればいいだけのArcaea近況に逃げる

 

チュウニズムコラボは難しいすね

怒槌は苦手なタップ中心の上に曲が好きじゃないのでまるでスコアが伸びませぬ

問題児のバンキシャは初見は当たり前のようにロストしたけど、何度か触れば「ああ、Lv9+だな」となるバランス調整感は流石

f:id:lastil_PICOelfy235:20190612233447p:plain

でも定数10.6は絶許

 

毎度のことだけれど何だかんだ続けてるといろいろスコアが伸びてくる不思議

f:id:lastil_PICOelfy235:20190612233626p:plain

Lv9あたりは妖怪1足りないに遭遇する機会が増加中

 

f:id:lastil_PICOelfy235:20190612233718p:plain

ウロボロスはEXまであと少しが遠い…

どうしても道中ぽろぽろミスするのと最後の縦連が繋がらなくて伸び悩む

 

f:id:lastil_PICOelfy235:20190612233809p:plain

一方シェリダーは未だ微更新を続けているものの、触りすぎたのか最近変な癖がついてスコア低迷中

酷い時はEX乗らなくなる始末

 

f:id:lastil_PICOelfy235:20190612233911p:plain

逆にEX安定して乗るようになったのがAxium

運指さえ分かれば正直Lv9+の中では易しい方だと思うので、世間の評価との認識誤差に困惑

個人的には高速高密度で物量攻めされる方が苦手っぽい

 

f:id:lastil_PICOelfy235:20190612234118p:plain

そういう意味では、シアエガも最近は結構EX乗るようになってきた感じ

物量は多いけど密度は若干控え目なので意外と頑張れる

何より曲のおかげでプレイが捗る

 

そして念願の

f:id:lastil_PICOelfy235:20190612234317p:plain

GL初クリア、ふおおみたいな変な声出た

紅ちゃんでSS撮れて満足

少し前まで物量に負けて後半指が動かなかったけど、何だかんだAbsoluteReasonとチュウニズムコラボで結構鍛えられた感ある

残るは破壊光線だ…