かおすのくにからこんにちは ~楽しい(棒読み)社会人ver.~

世間から逸脱した社会人がぐだぐだと綴る雑記帳でございますわよ

「天結いキャッスルマイスター」応援中!

よくよく考えたら冬コミ2日目は大忙しですね俺

こないだ言ってた散財の原因届いたー

1987年発売時定価260,000円、1000台限定生産のSANSUI α907i MOS LIMITEDでございます。木目調の綺麗なサイドウッドとピアノちっくな艶々なブラックパネルが何とも御洒落。
早速動作確認も兼ねて聴いてみたけど、流石としか言いようがない。
MOSらしい甘味とコクがありつつしっかり鳴る低音と艶やかな中音部、この機種特有のキレのあるシャープな高音。レンジもワイドで解像度も高い。あまりの質の高さに思わず背筋が振え涙が出た(実話)。
α607DRの輪郭のくっきりした低音や温かみが有りながら輪郭がぼやけない中高音といった特徴も好きだけど、やっぱりどうしても電源周りの格の違いが結構痛いねと。607DRは総重量18kgなんだけど、α907iMOSは電源部だけで13kg使っている(総重量に至っては31kg。スピーカーDS-1000ZA一本と同じ)し、その他パーツも上位品を使うという拘りっぷりだから、その差は埋めがたいかなと。今は亡きとある有名なオーディオ批評家が「欠点はその長い名前くらいだ」と言ったのも頷ける。
DR系の音が好きなら、607DRの上位互換の907DR買えばいいじゃないかと言う人がいるかもしれない。確かに607DRと比べて電源周りやバックパネル等の質は上だけど、音の特徴としては607も907も変わらないし、そもそも907の出力はDIATONEのSPにはでかすぎる。
それにしても重たい。運ぶのは肉体的にも精神的にもまじで疲れます。あと、流石に907iMOSと組ませるには今のCDP(CDP-315。数年前にゴミ置き場から持ち帰り修理したもの)では、907iMOSには聊か役不足だなと痛感。バランス接続可能な中上位のCDPを探しますか。
ところで、居座ってたポジを奪われた607DRを置く場所が無いんだけどwいっそPC画面の下に置いてヘッドホンアンプにしてみるとかwww


英語の教科書が「男は女より恋しやすい(キリッ」とか言いやがった。
ああ中国語の宿題と十課の暗記をやらなきゃいけないなぁ


最近睡眠時間が毎日3時間とかそんなレベルなんだけど。