かおすのくにからこんにちは ~楽しい(棒読み)社会人ver.~

世間から逸脱した社会人がぐだぐだと綴る雑記帳でございますわよ

「天結いキャッスルマイスター」応援中!

フリルは正義

さて高速道路でしたが、何ら問題なかったです。むしろ、今まで散々親の運転見せられてるせいで「ランプウェイの途中から既に加速を始める」「加速車線上では最低でも100km/h以上になっているのは当然」とかいう概念が植えつけられてるせいで、上はやったら教官に止められるのでやらなかったけど普通に下を実行したわけですねー。まあ制限速度は守らなきゃいけないんで100km/hは超えなかったけど。
複数教習なのでAT車使用なんで、加速車線に入ると同時にキックダウンさせて、加速車線の途中で96km/hにして合流したら、「そんなに突っ走んなくてもいいから」と半ば呆れられる始末。いやむしろ80とかで合流のほうが怖いんですけど俺。
その後は普通に走るわけですが、当然5日の記事からわかるように栃木県の教習所なんで使うのは東北道なわけで、しかも走る区間は渋滞のメッカ矢板付近。初めてでこことか楽しすぎる。というわけで、上り下り共に94〜100km/hで維持し自分なりに渋滞の原因になるまいと頑張っておりました。とかやってたら、折り返しの矢板ICでの後続の教習車との差が20分位出来てて逆にあせった。まあ走行してる際にされた注意は上のと「もうちょっと左寄って」だけだから良しとしますか。
まあ複数教習というわけで、帰りは同乗の教習生に譲るわけですが、運転が恐ろしいのなんの。加速車線でろくに加速しない(2/3あたりなのにまだ65km/hとか)わ大型車との車間を考えないわ、元々80km/hで走行してるのに加え上り坂でアクセル踏み込まないからどんどん減速して68km/hになったり(そこで教官の注意が飛んだ)で、乗ってるこっちが不安でしょうがなかった。高速降りて教習所戻る際も、路地とかの交差点の安全確認はしないわ加速停止は判断鈍いわで冷や冷や。こういう何も考えずぼけっと運転してる奴が大勢いるから事故が絶えないんだと痛感した一日でありましたとさ。


明日は自主経路の最大の難関だけど、ルートは大方おぼえたし、多分大丈夫。
むしろ、最近複数教習が多いせいでMT乗る機会が減るのが何か嫌。