かおすのくにからこんにちは ~楽しい(棒読み)社会人ver.~

世間から逸脱した社会人がぐだぐだと綴る雑記帳でございますわよ

「天結いキャッスルマイスター」応援中!

毎日新聞140周年

とか言ってみるけれど、自分は朝日新聞派です
毎日も時々読むんだけれど
産経はガチガチな右寄りが面白いから娯楽としては有り、読売は選択肢にすら入らない


さて、引っ張っても仕方ないので先日の名古屋奇行について書きますか<2/17>
集合時間になっても俺以外誰一人として来ないどころか、一部メンバーは3月17日だと勘違いし来れないなどという半ばギャグ展開
というわけで今回の参加者は俺、みらいちゃん、なっきの3人に
奇しくも2006年の鉄研の最高学年だけに(もう一人いた気がするけど参加率的に無視しても問題ないでしょ)
みらいは小田原から合流ということでなっきと17:24東京発伊東行きE233に乗車
車内はそこそこ人が乗っていたけれど、俺ら2人は雑談に花を咲かせ、なっきの持ってきた「やわらかりんとう」がどう見ても食べても揚げドーナツで反応に困るなどと他愛もないことばかり
小田原ではみらいが合流し、この新車のにおいがどうのこうのと連呼し周囲が地味に退いていたが、まあいつものことだと割り切り雑談を続行
熱海では10分間接続時間があるものの構内にこれといったものは無いし駅弁は完売だしで何もすることが無く、早々に211系の島田行きに乗る
とはいえこの島田行きとは僅か3駅でお別れ、というわけで沼津で降りる
ここで本日のメインディッシュ、371系あさぎりからのホームライナー浜松5号でございます

なっきは最後尾の7号車なのがちょっと不満な様子だったけれど、乗るとすぐに爆睡
俺はと言えばM車を引いたことで音を堪能できたのでまあ満足、バブル期の電車だから作りが良く乗り心地も良いし
これで浜松まで1時間半で行けて310円しか加算されないのは物凄くお得だと思うけれど、今度のダイヤ改正から373になるのか…


浜松からは各停豊橋行き
残念ながら静岡車だったけれど、まあ豊橋までの辛抱
豊橋からは区間快速名古屋行き
313のトイレ脇の3人ボックスに3人仲良く収まって名古屋まで
名古屋では監督にお世話になりました
名古屋到着は23:24


で、話によると、新守山にみらいちゃんの大学の同輩がやってる温泉があるらしいので行くことに
新守山は駅の配線が意味不明なのと中途半端に何もない感じが何とも言えない
なっきの先導により無事到着

中は結構広く、風呂の種類も多く、それでいて入浴料400円というのはなかなか安いのではないでしょうか(しかも俺らはサービスしてもらい無料で入浴できたというオチ、感謝です)
ちなみに国道19号にも看板が立っていたりする
そのあとはガストで遅い夜食をとり、ネカフェで一夜を明かす
一人旅なら駅前で野宿とかも余裕なんだが、連れだっての旅だからそうはいかないですわな
でも、やっぱり外で一夜を明かすよりは遥かに快適<2/18>
正確には昨日の風呂出た時点で既に18日ではあるんだが、まあそれはそれで
あと、実はどうやら風呂の写真を撮った後、スイッチが入りっぱなしだったらしく朝起きると7Dの電池残量が10%を切っているという事態
というわけで後半からは携帯写真が中心に…

まずは話に聞いていた「名古屋のたまごサンド」とやらを食べに行くことに
新守山から市営バスを捕まえて、ドニチエコきっぷを購入
これ、土休日1日限りで市営バス市営地下鉄に乗り放題で600円と凄いリーズナブル
バスで小幡に出て名鉄瀬戸線へ、実は俺これが名鉄初乗車
名鉄の事故防止の注意喚起はなかなかにキテる↓

そのあと地下鉄に乗り、西アサヒという店へ
何とも昔ながらの喫茶店といった雰囲気でよろしい
席に着くとサービスでゆでたまごが出されたが、この後たまごサンドを食べるので明らかにたまご過剰
まあ気にしたら負け
暫くしてたまごサンド到着

スケール入れ忘れたので大きさがわかりにくいかもしれないが、そこそこ大きい
肝心の味は、塩とバターが優しく効いたやわらかい卵焼きとマヨネーズベースのドレッシングで和えたキュウリがなんとも相性が良く美味しい
とはいえ、これで700円はやや割高な感はある
学生が常食とするにはいささか厳しい


そのあとはリニア鉄道館に行くことに
みらいちゃんはあおなみ線で興奮していたが、既に2回程完乗している俺にはあまり刺激は無く、終点の金城埠頭までぐっすり寝かせていただきました
リニア鉄道館JR東海のコレクション自慢とリニア凄いだろだから建設させてねといった私情が半々の施設(←非常に穿った見方をした場合)


キハ181はその厳つさが好き
300Xとか見て懐古してたら7Dの電池がきれましたとさ

室内をあらかた見終わった後は、屋外の117に座り、適当に今後どうするかを考える
ちなみに屋外の景色はこんな感じ


で、とりあえずこの後は喫茶マウンテンに向かった後は、なっきの趣味で基幹バスに乗ることに
あおなみ線荒子まで戻り、そこから徒歩で高畑に行き地下鉄に乗る
地下鉄でいりなかまで行き、そこから歩けばそこは喫茶マウンテン

一般人でも知っている人は知っている、ゲテモノメニューがあることで有名な喫茶マウンテン
というわけで突入
地雷と聞く甘口抹茶小倉スパはみらいちゃんに任せ、なっきは味噌煮込みスパ、俺はサボテンピラフ…のはずがサボテン切れでチキテリピラフ(無難なのが1つはあったほうが良いという意見により)に
上にあげた順で実物写真↓

7Dの電池が切れていたことが悔やまれる
実際に食べた感想は
チキテリピラフ…照り焼き味の鶏とマッシュルームが乗ったピラフで普通にうまい
味噌煮込みスパ…うどんでやれって以外は普通、というか味は美味しい
甘口抹茶小倉スパ…まあスイーツ(笑) 抹茶スパと生クリームの油ギトギトコンボがきついが、どうやっても食せない味ではない
一同もっと悲惨な地雷が出てくると思っただけに意外と拍子抜け、まあ地雷メニューを片っぱしから試したわけではないので断言はできないが
量も確かに普通の喫茶店より多いけれど、定食屋で大盛りを頼んだ程度の量でそこまで多いって感じでもない
ただ確かに油はやや多め


マウンテンを後にして地下鉄に乗り茶屋ヶ坂へ、そこから基幹バスに乗る
基幹バスとは、道路中央に設けられた特殊なレーン(朝は専用レーン、それ以外はバス優先レーン)を走る変わったバスで、そのせいでバス停も道路中央に路面電車の停留所のように存在している
自分たちの乗ったバスの運ちゃんはやたら前の車にぴったりくっつけて停車するのでちょっと怖い
というか前の車がそれにキレてブレーキランプのパッシングで煽り返してくるとかもあったし、名古屋怖いw
無駄にバスターミナルの引山まで行った後、また基幹バスに乗り栄に向かう
手羽先を食べようとするが、店がいっぱいで午後9時過ぎにならないと空かないらしい(現在夜7時)
予約を入れて栄を立ち去る


特にやることもなかったので、適当に時間をつぶす為に名古屋港へ
名古屋港では、イルミネーションされたリア充仕様の南極観測船ふじをみらいちゃんが激写
他に特にめぼしいものはなかったが、潰れたイタリア村の廃墟などを適当に眺めながら時間をつぶす
と、写真を撮ってたみらいちゃんが行方不明
(場所構わず写真を撮り遅れ気味になるのは彼の常なのだが)
風も冷たい中待っていても一向に来ないので電話をしたところ、先に名古屋港駅に戻っているとのこと
なっきと2人で憤慨しながら名古屋港駅に戻り、時間も時間なので栄に向かう


栄ではマウンテンの反省会と称して手羽先を食べながら酒を呑む
…はずが、何故かみらいちゃんの恋愛話に話の矛先が向かい、反省会などどこへやら
店を出たのは日付が変わる直前でしたとさ<2/19>
手羽先を食べ満足した俺らは栄から地下鉄東山線終電に乗り名古屋へ
今夜の宿ネカフェに行く為である
途中、桜通線の終電案内を見る
「中村区役所行きとか縁が無さ過ぎるでしょw」
「でも、名古屋のなかでは終電遅い方なんじゃね」
「というか、今の時間って太閤口空いてたっけ?」
「…確か閉まってたでしょ」
「中村区役所行き大いにありじゃんwww」
といって一度は上がった階段をおもいっきり駆け降り終電中村区役所行きに駆け込む
駅員さんごめんなさい


中村区役所行きに乗って名古屋駅の太閤口に出た俺らだけれど、ネカフェがどこも埋まっているという事態
ステマンボーだの、これはマックのステマ(そのあとマックに行ったところ3時まではテイクアウトのみの取り扱いということがわかり、今度はデニーズのステマと言い出す)だの訳のわからないことを言いながら、空いているネカフェが無いか電話で聞いて回る
で、結果、栄に空いているネカフェがあるらしい
栄ってさっきまでいたとこじゃないですかー
みらいちゃんがよくわからない行動力を発揮してタクシーを捕まえる
正直全員疲れていたので異論もなくそのタクシーで栄へ
40km/h制限の道を80km/hとかで走ってたけれど、まあ深夜のタクシーなんてこんなもんですよね
ネカフェに到着するも、正面の入り口からじゃないと入れないと言われてげんなりしながらネカフェ入り


出発は8時半頃
栄から地下鉄で鶴舞へ出て中央本線
みらいちゃんは途中の定光寺で降りたいらしいが、俺となっきは気が向かず多治見まで先に向かう
途中383系のしなのたんが来て俺興奮
しなのたんの姿はもちろん、VVVF音とかでもご飯食べられます
そんなことはどうでもいいとして、そのあとはまああれこれあった後、流れでJR東海としばしお別れして名鉄に乗る
名鉄ステマぱねぇっす
(ちなみにネカフェに電話かけてた場所も名鉄関連のビル内、まじステマぱねぇ)
名鉄で名古屋に戻って、本日初めての食事はみそカツ
時間が無かったのと名鉄代が地味に痛かったので出費は控えめにしたけれど、みそカツは美味しかったです
名古屋の地下街の金券ショップで名鉄株主優待券を入手し、再び名鉄


名鉄に乗って、これまたみらいちゃんの要望により蒲郡線
普段私鉄にとんと興味のない俺ですが、景色が綺麗というのと廃止されかねないというので行くことに
…で、行くのはいいのだけれど、ここでまさかのみらいちゃんの計画ミスが発覚し、このままだと2時間ほどやることがなくなるらしい
仕方ないので途中どこかで時間をつぶすことになるのだが、海の近くで蒲郡線を撮影したいというみらいちゃんの要望により、こどもの国駅で降りることに
駅の名前通り、駅の北側の丘陵に広く公園らしきものが広がっていて、どうやらその中にみらいちゃんが目指す展望台があるらしい
途中やや迷いながらも40分程歩いて展望台へ到着、というかこどもの国広すぎですよもう
7Dが電池切れているので仕方なく携帯で写真を撮るが、やっぱり物足りない

やや左下の線路に電車がいるけど、やっぱ携帯じゃよく写ってない
写真を撮った後は、適当に駅に戻ることに
計画ミスにより無駄に歩きまわされた罰として俺となっきでみらいちゃんに飲み物を奢るよう迫ってみたり、帰路の途中子供向けの園内移動施設に乗り込んでみたり(親子連れ大量の中、一角を占める大学生の野郎3人という構図)と、散々だった今日の鬱憤を晴らすかの如くやりたい放題
こどもの国から蒲郡に出て、蒲郡アピタでまたも2人でみらいちゃんに集り、マグロの唐揚げとたこやきを奢らせる


蒲郡からは特別快速、各停と乗り継ぎ静岡へ
ここで帰路のメインイベント、373系普通東京行きに乗る
車内では昨日の手羽先の会話の続きや鉄研時代の懐古話など他愛のない雑談を繰り広げる
終点東京では記念撮影をし、鉄研時代には恒例だった一本締めをして解散


基本的に自分で行く旅だとあれこれ計画をしっかり立てていくのが常なのだが、たまにはこういう他人任せで気軽な旅も悪くは無いものだと思った旅行でありましたとさ