かおすのくにからこんにちは ~楽しい(棒読み)社会人ver.~

世間から逸脱した社会人がぐだぐだと綴る雑記帳でございますわよ

「天結いキャッスルマイスター」応援中!

浪費

ちょっと前に配布開始していた魔導巧殻の体験版を一通り遊び倒したのでレビューでも


まず最初に、添付されてる画像ファイル開いて確認するのは必須
特に、RTSモードでのspaceキー押すと一時停止は本当に重要

で、肝心の中身ですが、<シナリオ>
体験版の範囲でわかるわけがない<イラスト>
ここ最近のエウらしく割と安定。塗りも癖が少なく万人受けしやすい
が、ヴァイスさんの顎はなんとかならなかったのw
刺殺できそうな顎はちょくちょく見るけれど、逆にここまでまっ平らな顎は珍しい<システム>
システムに定評のあるエウだというのに今のところ最大の不安要素
まず戦闘システムの基本だが、RTSなのに敵味方それぞれ3ユニットずつしか出陣できない
この為、戦略性に乏しく、ただただ殴り合うだけの味気ないゲームになってしまっている
また、ユニットの移動先を他のユニットに指定することができない為、やむなく戦況に合わせてちまちまと移動先をクリックで指定してやらなければならない
これだけならまだいいのだが、移動中に敵と戦闘になっても、戦闘しながら移動して指定先に向かうという仕様である為、敵とはち合わせても敵ユニットをすり抜けながら数回殴り、後はもう敵を無視して指定先まで移動してしまう
また、敵ユニットも同様に動く為、こちらが進路上で待ち伏せしていてもすり抜けていってしまう
なので、こちらが侵攻側ならばごり押しが通用するし、防衛側なら敵と遭遇するまで進み、遭遇後は敵に合わせて後退するという謎の動きをするゲームになってしまっている
そして、この仕様のせいで敵味方が密集して殴り合うことに拍車がかかるので、自分のユニットがわかりづらく、指定して動かすことが難しいという更なる欠点を生むことになっている。
この為、上記の「spaceキーで一時停止→一時停止中に移動を指示→一時停止解除」が半ば必須になってくる(チュートリアルには載っていない)
個人的には全方位に動けるRTSなのに弓兵の攻撃範囲が上下左右の四方位のうちユニットが向いている側のみというのも不満要素
なお、ユニットに個別指示を出さずともオート指示を使って戦闘もできるが、AIがクソすぎてまるで使えないので、上記作業は避けて通れない

一方のマップ画面での都市に建物を建築することやユニットの移動などは概ね不満は無い
というかこれも駄目だったら本当に救いが無い


体験版の範囲の戦闘が難しくないから単調作業に思えるだけで後半楽しくなる可能性も無くは無いけれど、操作性やグラフィックの表示方法などを発売日までにもうちょっと何とかしてほしいところ