読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かおすのくにからこんにちは ~楽しい(棒読み)社会人ver.~

世間から逸脱した社会人がぐだぐだと綴る雑記帳でございますわよ

「天結いキャッスルマイスター」応援中!

右傾化への懸念

村山談話の解釈を曲げてみたり、慰安婦問題を正当化しようとしたりと、ここ最近の急速な戦争正当化を臭わせる動向の多さには驚くばかり
村山談話については「大筋では沿う」形をとると示している政権側だが、「侵略」という行為をしたか否かという解釈について曖昧にしたまま記憶に新しい
恐らく安倍自身は「侵略行為ではない」というスタンスなのだろうが、これは安倍本人が言うように「歴史認識で、そこに踏み込むべきではない」だろう
個人の歴史認識についてあれこれ外野が圧力をかけて介入するのは薦められた行為ではない
しかし、安倍という一個人は曲がりなりにも国を導く立ち位置である以上、個人の歴史認識とは別に「一国家としての方針、認識」を示さなければいけない
以前にも書いたように、日本人は水に流したり煙に巻いたりと何事も深く突っ込まず曖昧にするのが美徳としているが、よその国からしたらそのような対応は到底理解されない(=国際社会で協調できない)ということであり、主張すべきところは主張し、謝罪すべきところはけじめをつけるという対応が日本にも求められているということにどうして気付かないのだろうか
そのいい例として、中国にしろ韓国にしろ戦後の賠償でさっさと賠償問題をケリつければよかったものを、上のような曖昧な対応をしてきたが故に未だに戦争の賠償をきちんとしろとあれこれ難癖つけられているわけである
いい加減気付いてもらいたいものなのだが…


それと、先日の橋下の慰安婦に関する発言
「兵士の安寧の為には必要だし、連合国側もしていたではないか」という発言にはほとほと厭きれるばかり
「周りのみんなもやっていたじゃないか」という発言を良い年した大人が言っていて恥ずかしくないのだろうか
まるで小学生の言い分である
自国でのけじめもつけぬまま余所を糾弾するなんて恥ずかしいと思わないのだろうか
それこそ「余所は余所、うちはうち」である
連合国軍の所業について問いただしたいのなら、今回の件とは別件に扱うのが筋というものだろうに
そのうえ後日には「(慰安婦は)当時は必要だったと思う、しかし自分は容認していない」などという発言をして「マスコミの情報操作だ」などと喚く始末
「当時は必要だったと思う」という時点で容認したことに変わりは無いということに気付くべきだろうに
例えば、金に困り飢えた人間が窃盗してもいいかと言えば当然許されないのであり、精神的に参り発狂寸前の人間が安寧を得るために強姦でもすれば裁かれて当然だろう
状況に応じて何かしらの情状酌量が入ることはあるかもしれないが、これらは本来状況如何に関わらず許されない行為であり、現代社会に於いては容認されることはないということは、良識ある人間ならわかることだろう
同様に、何時如何なる状況であれ慰安婦というものは人道上容認されることは無く、これを「必要」と言った時点で事実上容認していることに変わりないのである
また、見方を変えれば、「当時の軍の維持には慰安婦は必要だった」という発言から、状況次第では軍を維持する為には一個人の尊厳など踏み躙っても良いという解釈もでき、軍制の正当化や軍が個人的人権を無視する越権行為の容認ともとれ、橋下個人の極右な考え方の露呈と解釈できる
軍の兵士の為なら女性は身を差し出すべきという女性蔑視な解釈も当然できるわけで、女性からの反発も当然あるだろう
更に、個人的なことを言わせてもらえば、精神的に高揚したら性衝動に襲われて当然という橋下の解釈も男性というものを性衝動で動いている獣という解釈のようで納得いかない
先日も米海軍に対し風俗を活用してはどうかという案(こういったことを平然と提案できる時点で相当人間としておかしいと思うが)を述べたらしいが、米海軍の兵士にも妻子持ちは当然いるだろうし性的欲求を抑え込むことを自分に課して精神的な鍛錬をしている者もいるだろう、当然軍の規律や訓練下に於いても性欲など湧かない人だっているかもしれない
そのような事情も一切考慮せず、「風俗行けよ」なんて言うのは関係者全員に対して失礼極まりないと思わないのだろうか

橋下本人は未だに「容認したわけではない、マスコミの誤報だ」と子供の駄々みたいなことを言っているが、発言は今更取り消すことはできない
「銃弾が飛び交う中で命をかけて走っていく時に、精神的に高ぶっている集団に休息をさせてあげようと思ったら、慰安婦制度が必要なのは誰でも分かる」「(慰安婦が)必要だと思ったから(世界各国の軍が)皆やってたんでしょ。(自分が)必要と認めたわけではない」という発言は今後も橋下についてまわると思われる
尤も、今回の騒動も、いつものように物議を醸す話題をつくることで注目を集める橋下お得意の人気取りな可能性も無きにしも非ず、とはいえ今回の件は右な人を除けば賛同を得るのはなかなか難しいんじゃなかろうか