読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かおすのくにからこんにちは ~楽しい(棒読み)社会人ver.~

世間から逸脱した社会人がぐだぐだと綴る雑記帳でございますわよ

「天結いキャッスルマイスター」応援中!

パワステフルード交換

クルマ

この間の10日にパワステフルードを交換したので覚書代わりに記録
うちのレガシィB4 RSK(BE5D)も新車から12年超なんだから労わる所は労わらないとね
走行約77500km
必要なものや方法が知りたいだけの人はこの下の説明を飛ばして更に下から読んでください


パワステフルードとは何ぞやという人の為に説明すると、パワステ(パワーステアリング、PS)を駆動する為に必要なオイルのこと
一般にPSフルードは日本車の場合交換しなくてもよいとされているものの、オイルというものは使用するにつれて劣化が進み、劣化したオイルはゴムホースやオイルシールといったゴム製の部品を傷めやすくなります
また、劣化したPSフルードはパワステポンプ(PSフルードを循環させるポンプ)に負荷をかけることとなり、パワステの寿命を縮める要因にも…


ということで、PSフルードの交換を実施したわけです…そう、自分で
所謂DIYというやつ
PSフルードの交換には2つの方法があって、1つは、一旦PSフルードを全抜きして、その後規定量まで補充するもの
これだと一発でPSフルードを交換できますが、PSフルード内に空気が混ざってしまうため、エア抜きが必要となります
PSフルードの全抜きやエア抜きにはジャッキアップが必要になるので、機材を持っていない自分はこちらはパス
2つめは、リザーバータンクから劣化したPSフルードを少し抜きとり、そこに新たなPSフルードを補充するもの
この方法だと、劣化したPSフルードを全て交換することは不可能ですが、エア噛みの心配も少なく機材も殆ど要らないのが最大の利点
なので今回は後者の方法でトライ



◎必要なもの
・新品のPSフルード(今回はスバル純正PSフルード(型番:K015YA000、値段:税込1365円)を使用)
・廃油を入れる容器(今回はペットボトルを使用)
・リザーバータンクからオイルを抜く道具(今回はスポイトを使用)
・リザーバータンクにオイルを入れる道具(今回は洗浄ビンを使用)
・人や車の少ない広い場所(後述の用途で必要)

※注意
簡単に交換できると書きましたが、作業は慎重かつ確実に行いましょう
水や異物が入ったりエア噛みしたりすると最悪ハンドルが効かなくなり事故に至ることも考えられます
作業は全て自己責任でお願いします



◎方法
0.広い場所に車を移動
  作業は全てこの場所で行います


1.リザーバータンクの蓋を開ける
  PSフルードの入っているリザーバータンクの蓋を開けます
  BE/BHレガシィの場合は向って左側、ヘッドライトの脇にあります
  エアインテークの下にあるのでちょっと手を入れにくいですが、インテークを外さなくてもとれます
  蓋を開けている間は、タンク内に水や異物が入らないように注意!
  なので、天気が晴れていて湿度が低め、風もほぼ吹いていないような日が良いでしょう


2.リザーバータンクからPSフルードを抜く

  タンクからPSフルードを抜きます
  写真のようにリザーバータンクにスポイトを突っ込み、少しずつ抜きとります
  劣化したPSフルードはこんな色…

  抜きとる量は多い方がいいのでしょうが、自分はエア噛みの危険性を考慮して、
  COLD MINのラインぎりぎりまで抜くに留めました
  なおPSフルードは走行後結構熱くなります(50℃くらい?)し、皮膚の弱い人が触れると
  炎症を起こすらしいので作業の際は作業手袋推奨です
  自分は素手でしたが…


3.リザーバータンクにPSフルードを補充する
  新品のPSフルードを補充します
  新品はこんなに綺麗

  これをリザーバータンクに入れます
  自分はHOT MAXの少し手前まで補充しました


4.PSフルードを循環させる
  タンクの蓋を閉め、ボンネットを閉めてエンジンをかけます
  1速に入れてハンドルをひたすらロックtoロックで回し続けながら走行します
  広い場所が必要といったのはこの為です
  アクセルは踏まずともアイドリングだけで走行できるので、2-3分間ひたすら走りまわります
  ATならクリープで動きながらハンドルをロックtoロック
  自分は近くの公園裏手のガラガラな駐車場でやりましたが、休憩中の営業車から痛い視線がw


5.再びPSフルードを交換
  車を止めたら、再度2.3.4.を順に行います
  これを何セットも行うことで、PSフルードを徐々に新品に入れ替えてゆくというわけです
  ある程度PSフルードが綺麗になったら、もしくは満足できる状態になったら終了
  自分は後処理を考えて新品全部なくなるまでやり続けました


6.後処理
  後は閉め忘れが無いか確認して終了
  帰るだけです
  作業を行ってから数時間(半日程乗らなければ確実)してPSフルードが完全に冷えたら、
  再びボンネットを開けてリザーバータンクを確認します
  PSフルードがCOLD MAXを超えていたり、COLD MINを切っていたら、
  PSフルードの量を調整してください
  自分はCOLD MAXより少し下にしました

  作業に使った道具は中性洗剤で洗って乾燥させておきます
  廃油や余ったPSフルード、PSフルードの容器は、ガソリンスタンドや整備工場、
  またはディーラー等に持ちこんで処理してもらいます
  家庭ゴミでは出せないので注意が必要です
  自分はよく使うガソリンスタンドに押し付けましたw
  廃油処理用のパック(油を吸わせるやつ)を使えば家庭ごみでも出せるかも…?