読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かおすのくにからこんにちは ~楽しい(棒読み)社会人ver.~

世間から逸脱した社会人がぐだぐだと綴る雑記帳でございますわよ

「天結いキャッスルマイスター」応援中!

レヴォーグ試乗

というわけで訳あって埼玉に帰っていたので、普段お世話になっている川越のスバルでレヴォーグ乗ってきました
もちろん2.0GT-Sに

こいつですね。試乗車なのでナンバー隠す気なしw
相変わらず私的にはフロントのヘキサグリルが大きすぎる気がするのと、ボンネットの分割線がださく見えるのでフロントビューはイマイチ…


内装は結構気合い入れたとのこともあってなかなか質感高い
エアコン・ナビ周りは今迄のスバル感は無いですね
中央送風口の上にあるモニターには、エアコンディスプレイの他、ブースト計が表示されます(純正で付いているのは嬉しい)
後は、サイドミラーの向き調節がジョイスティック感覚で操作できるのは高評価
最初見た時ハンドルのスポーク上の窪みが気に入らなかったものの、実際握るとそこまで気にはならなかった
でも、メーター配色がBM/BRレガシィみたいで今一落ちつかない(写真に映し忘れたけれど)
BE/BHのシンプルなメーターが好きなだけに、せめてBL/BP後期のような感じにしてほしかったところ

私的に気に入ったのがこのシート
アルカンターラを使っていて肌触りが良いだけでなく、サポート性も良く長距離乗っても疲れなさそう
自分のBEのシートは大柄な人でないとやや合わない感がある(自分には逆に丁度良いのだが)が、このレヴォーグのシートは縦も横もでかい自分(身長180、体重90くらい)だとやや尻の肉がサイドのサポートにかかる感じ
着座位置はやや高めで、身長150の母親でも視界の評価は好評

フロントとは逆にリアビューは結構好きかもしれません
シンプルながらコの字ライトでアイデンティティ主張しつつ、シルバーメッキとアンダースポイラーで締めていてなかなかかっこいいです
営業バンレベルの酷さのBPや、トヨタのウィッシュ臭漂うBRに比べると格段の進歩
BH以来の格好良いと思えるワゴンのリアビューですね


で、肝心の試乗の感想ですが、これが良い
まず、ワゴンなのにリアの剛性感が非常に高い、これが驚き
普通ワゴンはリアの開口面積が大きいのでハンドル切った時にリアがもたついたり捻じれたりする感じがするけれど、レヴォーグはその感じが非常に少なく、リアタイアの接地感も安心感を齎してくれて良い感じ
まあ試乗なのであまり派手なことはできませんでしたが、強めブレーキしながらの緩スラロームとか、鋭角交差点とかでもなかなか良い感じでした
ワゴンにしては短めのリアハングとハッチバック感のするリアハッチの寝方も効いているんですかね?
また、エンジンノイズもロードノイズも殆ど車内に入ってこず、とても静かなのに驚き
でもちょっと寂しい
あと、フェンダー部で最大幅1780mmなはずですが、不思議と乗っていて幅の大きさを感じさせなかったのも高評価
小回りも結構ききます
やたら軽いパワステも車庫入れの際には楽ですが、逆に走っている最中はちょっとつまらないので、もう少し重くても良い気が


乗り味はスバルらしくやや硬めですが、ギャップの吸収の仕方やロール時の沈み込み量は絶妙
ボディの剛性の高さも相俟って、60で走るのも80で走るのもXX(検閲)で走るのも安定感が変わらず、速度感が無いので気付くと結構なスピードに。流石ビルシュタイン


スポーツリニアトロニックは、出始めの加速こそオートマの滑っている感は出ますが、その後は結構繋がりも良く、8段に設定されたマニュアルモードも変速が結構きびきび効くのでなかなか楽しく走れました
流石にMTのような直結感は無いが…

300馬力を謳う直噴ターボエンジンは、正直パワー感は殆ど感じず
出始めの滑っている感と車重もあって出足はちょっともっさりですが、その後からすうぅぅ…と気付いたら結構な速度になっている感じで、勿論力は有るんでしょうが昔のどっかんターボの蹴押されるような加速に慣れていると味気ないです
後はレブリミットが6500rpmなのもEJ20に慣れた身としては寂しい…
試乗は終始S#モードでしたが、純正のブーストメーターでピークが+1.37*10^2kPa、燃費は加速と減速ばっかりしていたので5.9km/L…

ちなみにアイサイトは興味ないので試していません


総じて、良い車だと思います
幅の問題さえクリアできれば、既存のレガシィワゴンからの乗り換え対象としては良いと思います
やたら馬鹿でかい割に剛性不足でつまらなかったBRレガシィに比べれば、一昔前のレガシィワゴンの正当進化という感じを受けますね
ただ、純然たるワゴンユースの面ではカーゴルームの大きさ的にBG、BHの方が積めますし、パワーをとって2.0を選ぶと燃費の改善はほぼ期待できないのも難点
あとはやっぱり高い、2.0GT-SなんかGVB/GRBとほぼ同じという高額ですからね
更に欲を言うなら、未だに過去のレガシィワゴンに乗っている層のなかには、ハイパワー四駆のワゴンでMTということに価値を見出している人もいるわけで、そういう人の為にMTも用意してほしかった
MTを用意するついでにアイサイトとの抱き合わせ販売もやめて完全にオプションとしてほしかった(あれ、存在意義結構否定してない?)