読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かおすのくにからこんにちは ~楽しい(棒読み)社会人ver.~

世間から逸脱した社会人がぐだぐだと綴る雑記帳でございますわよ

「天結いキャッスルマイスター」応援中!

通った峠の小紹介

ぶっちゃけプチ旅行の主目的はこっちの峠ドライブだったりしますw
山道走りに行く時は
「対向車の確認を怠らない」
「常にすれ違い場所を意識する(相手任せにしない)」
「自分の力量を見極め過信しない(=危ないと思ったら緩める・譲る・付き進まない)」
を忘れずに


・定峰峠(埼玉r11)
頻繁に通っている峠の一つ
小川町側は一応2車線な箇所が多く、秩父側は1車線の箇所が多い
どちらも路面の荒れは少ない
勾配は然程ではないがヘアピンに近いコーナーが両側共に数ヶ所あるので、場所を知らずに飛ばすとガードレールor擁壁直行
カーブミラーは概ねあるが、所々欲しい箇所に無い
また夏期は下草の伸びが激しく、道にはみ出したりコーナー先の視界を遮ったりと厄介

R140やR299の渋滞に対し抜け道として使えることから、平日でも日中はそこそこ車がいる
休日はそれに加え「山チャリ」等と粋がる暴走系チャリンカスまで加わり手に負えない
動くパイロン状態の障害車もいるので走りを楽しむなら夜がお薦め
ただし夜は都心から程近いこともあって走り屋系車もちらほらいる、ついでに鹿さんも
サミットの交差点から南に行くと奥武蔵グリーンライン(林道)
抜け道にもなるが更に狭くスリリングな白石峠や林道を更に進むのも楽しいが、どちらも休日日中はマナー悪いチャリンカスに注意


・土坂峠(埼玉・群馬r71)
実は今回初めて。普段は後述の志賀坂峠をよく使うもので…
埼玉側は県境付近になるまで2車線で集落内を走り抜ける形
横断する高齢者に注意
集落を抜け人里離れた感じが濃くなり、目の前に砂防堰堤が現れたあたりで道が急に右に折れ、以降は1車線の箇所もちらほら
とはいっても埼玉県側は路面も悪くなく狭い箇所も少ないので快適
群馬側は路面が埃っぽく、所によって砂利が浮く
また幅員も狭くカーブミラーの設置率も埼玉県側より悪いので注意


・塩の沢峠(群馬r45旧道)
湯の沢トンネル開通につき旧道となった山道
以前上野村南牧村を結ぶメインルートだっただけに勾配は緩めだが、距離が長く、飛ばさない限り30分は確実に拘束される
その上、(旧道の常だが)路面は所々穴が空くわ苔が生えるわ落ち葉や枯れ枝が積もるわ、側壁からは落石があるわと状況も悪い
カーブミラーも余所向いていることがちらほら
当然狭い箇所だらけ(それでもすれ違い箇所はそこそこある方(私感))なので走り慣れない人は入ってはいけない
交通量は少ない(というか自分が通った時は最後まで誰も見かけなかった)が、見通しが悪い場所もちょくちょくあるので対向車にも気をつけること

途中でスーパー林道が交差する他、細々した林道の分岐が何箇所かあるので、事前に地図に目を通してルート確認すること
この道と林道で然程道路の状態が一見変わらないので、知らないと間違って入りかねない
南牧村側は一部視界が開ける箇所があるが、この為だけにあえて旧道を選ぶのは余程の変態


・志賀坂峠(埼玉・群馬R299)
土坂峠と並び埼玉の秩父周辺から神流川周辺へ抜けるルートの1つ
土坂峠よりやや勾配がきついが路面の整備状況は比較的良く、埼玉側はほぼ2車線。群馬側も狭い箇所でも1.3車線くらいある
(というか一番狭いのが峠降りた直後の群馬側の集落内というオチ)
走りやすい割に交通量は少なめだが、休日はバイカーがそこそこいるのでお互い注意
あと、群馬側には恐竜関係の施設や食事処が何箇所かあるので、そちらにも注意

R299には十石峠という、R299が酷道と言われる所以である峠も存在するが、こちらは比較にはならないくらい酷いので安易に走りに行ってはいけない
(まあ頻繁に落石で通行止めになっていますがw ちなみに自分は大好物です)