かおすのくにからこんにちは ~楽しい(棒読み)社会人ver.~

世間から逸脱した社会人がぐだぐだと綴る雑記帳でございますわよ

「天結いキャッスルマイスター」応援中!

時の流れの無情さよ

富山行って客先打ち合わせして、地味に数を減らしつつあるキハ40を横目に砺波平野を走り回り、その後156号を南下して、ノスタルジー溢れる利賀大橋跡を眺めながら平村まで行き、山を越えて利賀村に行き、その後利賀村の山村ぶりと471号のしょーもなさを存分に感じながら北上して北陸道で富山に戻る
こんなあほな移動で時間使いまくっても1日で行って帰ってこれてしまうのも北陸新幹線の影響と考えると、旅情がないとか高いとかあれこれ言ったところでやはり凄いものだと思うわけです
そして富山駅の新幹線ホームからあいの風とやま鉄道を見下ろしているときに413系が来たりすると無駄に昂るのもご愛敬


つまり何が言いたいかというと、コンセントあってもネット繋がらないとか片手落ちにも程があるぞ北陸新幹線